バキュームメーター(真空計)
品  名   バキューム・メーター(真空計)
品  番   MVC-176-AZ(52パイ ホワイトパネル)
メーカー   OMORI METER(大森メーター)

他に52パイ ブラックパネル (MZC-176-BZ、45パイ ブラックパネル (MZC-076-BZ)、 45パイ ホワイトパネル (MZC-076-AZがあります。


バキューム・メーター(真空計)です。

NEW ESTIMA工房の『バッテリーから電源』を参考に、ホースを室内からエンジンルームへ通します。
ホースは付属されてますが、耐久性&外観を考慮してシリコン・ホース(ブルー)を使用しました。

エーモンの『配線ガイド』です。
少しキツイですがこれを使用すれば、通す事が出来ます。

エンジンルームに通したホースの先を、付属の3方ジョイントを使用し、負圧がとれる配管に分岐させます。

ホースをメーター(裏側)に取り付けます。
抜けないようにタイラップで固定します。

照明用リード線をスモールライト回路に接続し保護チューブを巻きます。

52パイ用のメーター・ホルダーを使用して、メーターを固定します。

こんな感じに固定出来ます。

取り付けた様子です。
エスのスピードメーターはセンターにあるのでハンドル部に付けても全く問題ありません。

イルミネーションONの状態です。
イルミネーションの色(目盛り)は通常グリーンですが\1,000UPでブルー、レッド、オレンジが選択出来ます。
このメーターはブルー照明です。


※このメーターにより、エンジンの調子を把握する事ができ、
  燃費走行の助けにもなります。



≪取扱説明書の抜粋≫

アイドリング回転の時、40〜60cmHgを示し、指針が動かず安定していればエンジンは良好です。

アクセルを急に踏み込むと指針はゼロ付近を示し、その後アクセルを離した時、55cmHg以上の時は正常です。
この値が高い程エンジンの調子が良好です。

アイドリング回転の時、バキューム圧が低すぎたり、又指針が不安定な時は点火系や燃料系の故障・吸気バルブの洩れ、ピストンリングの漏れ等が原因ですから、エンジンを点検して下さい。

走行中、指針がアクセル操作に敏感に反応しますが、40〜60cmHgの範囲で指針を安定させ、加速時には30cmHg以下にアクセル操作すると大幅に燃費が良くなります。



  


Copyright(C) 2002 masa all right reserved.